検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 1

書誌情報

書名

トロント最高の医師が教える世界最強のファスティング     

著者名 ジェイソン・ファン/著   イヴ・メイヤー/著   メーガン・ラモス/著   多賀谷 正子/訳
出版者 CCCメディアハウス
出版年月 2021.3


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 9013195061498.5/ト/図書室5A一般図書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2021
498.583 498.583
断食療法

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001566921
書誌種別 図書
書名 トロント最高の医師が教える世界最強のファスティング     
書名ヨミ トロント サイコウ ノ イシ ガ オシエル セカイ サイキョウ ノ ファスティング 
著者名 ジェイソン・ファン/著
著者名ヨミ ジェイソン ファン
著者名 イヴ・メイヤー/著
著者名ヨミ イヴ メイヤー
著者名 メーガン・ラモス/著
著者名ヨミ メーガン ラモス
出版者 CCCメディアハウス
出版年月 2021.3
ページ数 354p
大きさ 19cm
分類記号 498.583
分類記号 498.583
ISBN 4-484-21105-3
内容紹介 ファスティングとは単なるダイエットではなく、ホルモンの働きを整えることで、心と体をベストコンディションに作り上げること。ファスティングの知識から準備、実践、うまく続ける秘訣までを解説する。用語集も掲載。
著者紹介 1973年生まれ。医学博士。ザ・ファスティング・メソッドを創設。
件名 断食療法
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 ファスティングとは単なるダイエットではない。ホルモンの働きを整えることで、ベストコンディションを作り上げること。読んですぐに実践できる、ファスティングの決定版!
(他の紹介)目次 第1部 ファスティングとは(ファスティングの科学
心と感情に与える効果 ほか)
第2部 ファスティングの準備(目標を立てる
環境を整える ほか)
第3部 ファスティングの実践(シンプルなファスティングから始める
間食をやめる ほか)
第4部 ファスティングをうまく続ける秘訣(体の変化への対応
精神面で気をつけること ほか)
(他の紹介)著者紹介 ファン,ジェイソン
 1973年生まれ。医学博士。トロント大学医学部卒業。同大学の研修医を経たのち、カリフォルニア大学ロサンゼルス校にて腎臓専門医の研修を修了。“ザ・ファスティング・メソッド”を創設し、低炭水化物療法と間欠的ファスティングに重点を置いた減量と血糖コントロールについて、エビデンスに基づいたアドバイスを行っている。「ジャーナル・オブ・インスリン・レジスタンス」誌の科学担当編集者を務めるほか、栄養に関する情報発信を行うカナダの国際的NPO“パブリック・ヘルス・コラボレーション”のマネージング・ディレクターも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
メイヤー,イヴ
 作家、起業家、コンサルタント。企業のコア・バリューやマーケット構築、ダイバーシティ経営についてのアドバイスを行うコンサルタントとして活躍している。24年間、三度の減量手術も含めた数々のダイエットに挑戦するなど肥満に悩んでいたところで“ザ・ファスティング・メソッド”と出合い、肥満と体調を改善させた経験者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
ラモス,メーガン
 臨床研究者。ファスティングと低炭水化物療法を用いたセラピーを行い、これまで世界で1万4000人以上にアドバイスをしてきた。“インテンシブ・ダイエタリー・マネジメント”と“ザ・ファスティング・メソッド”の共同創設者として、健康教育とサポートに従事している。NPO“パブリック・ヘルス・コラボレーション・カナダ”のディレクターのほか、「ジャーナル・オブ・インスリン・レジスタンス」誌の編集委員も務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。