検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 0

書誌情報

書名

がん幹細胞の謎にせまる 新時代の先端がん治療へ  ちくま新書  

著者名 山崎 裕人/著
出版者 筑摩書房
出版年月 2015.8


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 厚別8012919836491.6/ヤ/図書室7一般図書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2015
2015
491.65 491.65

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008000964585
書誌種別 図書
書名 がん幹細胞の謎にせまる 新時代の先端がん治療へ  ちくま新書  
書名ヨミ ガンカンサイボウ ノ ナゾ ニ セマル 
著者名 山崎 裕人/著
著者名ヨミ ヤマザキ ヒロト
出版者 筑摩書房
出版年月 2015.8
ページ数 281p
大きさ 18cm
分類記号 491.65
分類記号 491.65
ISBN 4-480-06838-5
内容紹介 iPS細胞に代表される幹細胞研究との出会いにより、がん治療に革命が起きようとしている。がん幹細胞とは何か。これからの医学に何が起こるのか。その歴史から最新の研究成果まで、最先端の研究者がわかりやすく解説する。
著者紹介 1965年京都生まれ。東京大学医学部解剖学大学院で学位取得(医学博士)。研究医、文筆家。順天堂大学医学部・免疫病/がん先端治療学講座研究員。
件名 癌細胞、幹細胞
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 多くの病気が克服され、がんも正体が暴かれ始めた。とはいえ、いまだに人類最後の敵として、がんは私たちの前に立ちはだかっている。一方、幹細胞研究は近年最も注目され、進歩著しい研究分野だ。iPS細胞はノーベル賞を受賞した。今、両者が出会うことで、がん治療に革命が起きようとしている。その根幹をなすのが「がん幹細胞理論」と呼ばれる新しい考えだ。がん幹細胞とは何か。これからの医学にいったい何が起こるのか。その歴史から最新の研究成果まで、最先端の研究者がわかりやすく解説する。
(他の紹介)目次 序章 医師出身の日本人研究者にノーベル賞の初栄冠
第1章 がんはどこまで解明されているのか
第2章 がん研究の近代史
第3章 幹細胞とは何か
第4章 現代のがん研究
第5章 二十世紀末の生命科学革命
第6章 がん幹細胞とiPS細胞
第7章 再生医療とがん治療の未来
終章 祭りの後の虚しい騒動
(他の紹介)著者紹介 山崎 裕人
 1965年京都生まれ。研究医・文筆家(矢間景太郎の筆名で小説も執筆。第14回湯河原文学賞受賞)。京都府立医科大学医学部卒。東京大学医学部産婦人科を経て、東京大学医学部解剖学大学院で学位取得(医学博士)。米国スタンフォード大学およびハーバード大学医学部で、博士研究員として分子細胞生物学・発生生物学の研究に従事。帰国後は東京大学医科学研究所で、がんと幹細胞の研究および大学院教育を担う。現在は文筆活動だけでなく、順天堂大学医学部・免疫病/がん先端治療学講座研究員として、引き続き研究にも従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。