検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 4

書誌情報

書名

鎌倉幕府と室町幕府 最新研究でわかった実像  光文社新書  

著者名 山田 徹/著   谷口 雄太/著   木下 竜馬/著   川口 成人/著
出版者 光文社
出版年月 2022.3


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 元町3013005909210.4/ヤ/図書室2A一般図書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2022
210.4 210.4
日本-歴史-鎌倉時代 日本-歴史-室町時代

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001662750
書誌種別 図書
書名 鎌倉幕府と室町幕府 最新研究でわかった実像  光文社新書  
書名ヨミ カマクラ バクフ ト ムロマチ バクフ 
著者名 山田 徹/著
著者名ヨミ ヤマダ トオル
著者名 谷口 雄太/著
著者名ヨミ タニグチ ユウタ
著者名 木下 竜馬/著
著者名ヨミ キノシタ リョウマ
出版者 光文社
出版年月 2022.3
ページ数 251p
大きさ 18cm
分類記号 210.4
分類記号 210.4
ISBN 4-334-04594-4
内容紹介 鎌倉幕府が滅亡したのは偶然が重なった結果である。室町幕府は応仁の乱の後も存在感を発揮し続けていた-。日本中世史の常識を覆す最新研究をまとめ、2つの幕府を比較する。どちらの幕府が強かったかを議論する座談会も収録。
著者紹介 1980年福岡県生まれ。同志社大学准教授。博士(文学)。
件名 日本-歴史-鎌倉時代、日本-歴史-室町時代
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 鎌倉幕府が滅亡したのは偶然が重なり合った結果だった。あるいは室町幕府は応仁の乱ののちも強かに存在感を発揮し続けていた―いずれも、最新の研究で議論されている論点であり、一般的な日本中世史の常識を覆す説が近年次々と発表されている。本書では、新進気鋭の中世史研究者たちが、それら最新の学説をまとめて二つの幕府の実像を明らかにする。巻末には、どちらの幕府が強かったかを議論する座談会を収録。近年の中世史ブームに一石を投じる、すべての歴史愛好家注目の一冊。
(他の紹介)目次 第1章 “鎌倉幕府と公家寺社”部分的な存在としての鎌倉幕府
第2章 “室町幕府と公家寺社”公・武の関係をどうとらえるか
第3章 “鎌倉幕府の地方支配”鎌倉時代の「守護」とは何だったのか
第4章 “室町幕府の地方支配”守護は地方にいなかった?
第5章 “鎌倉幕府の滅亡”滅亡は必然か?偶然か?
第6章 “室町幕府の滅亡”存続と滅亡をめぐる問い
座談会 鎌倉幕府と室町幕府はどちらが強かったのか?


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。