検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 1 予約数 6

書誌情報

書名

沈黙のちから     

著者名 若松 英輔/著
出版者 亜紀書房
出版年月 2021.9


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 白石東4212020939914/ワ/図書室一般図書一般貸出貸出中  ×
2 図書情報館1310521685914.6/ワ/2階図書室101一般図書貸出禁止在庫   ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

若松 英輔
2021
914.6 914.6

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001611532
書誌種別 図書
書名 沈黙のちから     
書名ヨミ チンモク ノ チカラ 
著者名 若松 英輔/著
著者名ヨミ ワカマツ エイスケ
出版者 亜紀書房
出版年月 2021.9
ページ数 161p
大きさ 18cm
分類記号 914.6
分類記号 914.6
ISBN 4-7505-1713-1
内容紹介 かつてないほど言葉が軽んじられる時代に、批評家が問う「沈黙の秘義」とは-。詩を書くこと、耳を傾けること、祈ること。自らの体験に照らしつつ、言葉の向こう側に広がる沈黙の意味に迫るエッセイ集。
著者紹介 1968年新潟県生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。批評家。随筆家。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。「見えない涙」で詩歌文学館賞詩部門を受賞。
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 悲しみ、祈り、うめき。目には見えないもの。語られなかったおもい、語りえなかったこと。かつてないほど言葉が軽んじられる時代に、批評家が問う「沈黙の秘義」。
(他の紹介)目次 1 詩について(悲しみに出会う
詩は手紙である
悲しみから愛しみへ ほか)
2 言葉の終わるところで(モモと秘められた熱
誰にもいえない苦しみ
「時」を生き、「光」と交わる ほか)
3 信じるということ(裁きの神ではなく、愛の神
うめきという無音の叫び
涙という糧 ほか)
(他の紹介)著者紹介 若松 英輔
 1968年新潟県生まれ。批評家、随筆家、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第十四回三田文学新人賞評論部門当選、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』(慶應義塾大学出版会)にて第二回西脇順三郎学術賞受賞、2018年『詩集 見えない涙』(亜紀書房)にて第三十三回詩歌文学館賞詩部門受賞、『小林秀雄 美しい花』(文藝春秋)にて第十六回角川財団学芸賞、2019年に第十六回蓮如賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。