検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 0

書誌情報

書名

J.R.R.トールキンの世界 中つ国の生れた場所    

著者名 ジョン・ガース/著   沼田 香穂里/訳   伊藤 盡/訳   瀬戸川 順子/訳
出版者 評論社
出版年月 2021.10


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 中央図書館0180862435B930.2/ガ/新着図書児童書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2021
930.278 930.278
Tolkien John Ronald Reuel

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001621102
書誌種別 図書
書名 J.R.R.トールキンの世界 中つ国の生れた場所    
書名ヨミ ジェー アール アール トールキン ノ セカイ 
著者名 ジョン・ガース/著
著者名ヨミ ジョン ガース
著者名 沼田 香穂里/訳
著者名ヨミ ヌマタ カオリ
著者名 伊藤 盡/訳
著者名ヨミ イトウ ツクス
出版者 評論社
出版年月 2021.10
ページ数 208p
大きさ 27cm
分類記号 930.278
分類記号 930.278
ISBN 4-566-02388-8
内容紹介 トールキンの「指輪物語」が生まれる際に発想の源となった土地を探求。豊富な図版とともに、中つ国のモデルについて新説を提示する。トールキンの個人旅行、読書、学識と、創作活動との間の豊かな相互作用も明らかにする。
著者紹介 イギリスの著述家。世界中で講演や講義を行い、多くの主要メディアの出版物に定期的に寄稿。コンサルタント、編集者としても活動。
個人件名 Tolkien John Ronald Reuel
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 ジョン・ガースによる本作は、『指輪物語』が生まれる際に発想の源となった土地を探求する。掲載された100点以上の画像の中には、トールキン自身が描いた絵画、他の画家の作品、歴史的資料、地図、現代の写真が含まれる。ガースが突き止めた発想の元となった土地は、トールキンの愛した国内諸所に留まらず、東西南北、海外の各地に及ぶ。ガースは、トールキンの人生や作品に対する深い造詣を武器にして、トールキンの並外れた想像世界の創造過程に光を当て、中つ国のモデルについて、説得力に溢れた自身の新説を提示した。著者はまた、トールキンの個人旅行、広範な読書、オックスフォード大学教授としての学識と、創作活動との間の豊かな相互作用をも明らかにする。
(他の紹介)目次 イングランドからホビット庄へ
四方の風
ルーシエンの国
岸辺と海
山の根
川、湖、沼沢地
樹々の絡み合う地
古代の刻印
守護するものとされるもの
戦地
工芸と産業
(他の紹介)著者紹介 ガース,ジョン
 イギリスの著述家。ファンタジー研究の分野で栄えある受賞歴を持つ『トールキンと大戦』の著者である。ハンプシャーを本拠にして、ガースは世界中で講演や講義を行い、多くの主要メディアの出版物に定期的に寄稿している。またコンサルタント、編集者としての活動も続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
沼田 香穂里
 1987年慶應義塾大学英米文学科卒業。1990年お茶の水女子大学修士課程英文学専攻修了。1996年同大学博士課程比較文化学専攻単位取得。現在慶應義塾大学・和光大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
伊藤 盡
 慶應義塾大学大学院文化研究科博士課程単位取得。信州大学人文学部教授。早稲田大学、慶應義塾大学非常勤講師。専門は中世北欧・英語文献学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
瀬戸川 順子
 1967年生まれ。1990年お茶の水女子大学文教育学部外国文学科英文学・英語学専攻卒業。1993年同大学修士課程英文学専攻修了。2000年同大学博士課程比較文化学専攻単位取得。現在和光大学・お茶の水女子大学他非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。