検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 10

書誌情報

書名

女たちの本能寺   祥伝社新書  

著者名 楠戸 義昭/[著]
出版者 祥伝社
出版年月 2020.9


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 藤野6213148387210/ク/新書一般図書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

楠戸 義昭
2020
210.48 210.48
本能寺の変(1582) 女性-伝記

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001510678
書誌種別 図書
書名 女たちの本能寺   祥伝社新書  
書名ヨミ オンナタチ ノ ホンノウジ 
著者名 楠戸 義昭/[著]
著者名ヨミ クスド ヨシアキ
出版者 祥伝社
出版年月 2020.9
ページ数 227p
大きさ 18cm
分類記号 210.48
分類記号 210.48
ISBN 4-396-11610-1
内容紹介 本能寺の変は、光秀と信長を取り巻く一族の女たちの運命をどう変えたのか。彼女たちの知られざる側面と、一次史料から分かった真実とは。濃姫、細川ガラシャ、春日局など、歴史に翻弄された7人の女たちの人生を追う。
著者紹介 1940年和歌山県生まれ。立教大学社会学部卒業。毎日新聞社学芸部編集委員を経て、歴史作家に。著書に「日本の城恐怖伝説」「醍醐寺の謎」「激闘!賤ケ岳」など。
件名 本能寺の変(1582)、女性-伝記
言語区分 日本語
書評掲載紙 読売新聞 日本経済新聞

(他の紹介)内容紹介 天正十年(一五八二)六月二日、明智光秀は本能寺に織田信長を討つ。しかしその天下は、わずか一一日で潰えた。信長も光秀も滅び、羽柴秀吉が天下人となるのは周知のとおりだ。では、この本能寺の変は、光秀と信長を取り巻く一族の女たち―正室、側室、娘、妹らの運命をどう変えたのか。また、彼女たちの知られざる側面と、一次史料から分かった新事実とは。信長の正室・濃姫は、ドラマで描かれるように本能寺で長刀を振るったのか。光秀の正室・煕子は、『明智軍記』の記述どおり坂本城で果てたのか。徹底した史料吟味と現地取材で戦国時代の女性たちの実像に迫り、女性の視線で乱世を見渡す画期的な一冊。
(他の紹介)目次 序章 光秀と信長と七人の女
第1章 濃姫―織田家の運命を引き寄せた信長の正室
第2章 煕子―光秀の妻。夫の死を知って発揮した行動力とは
第3章 御妻木―“本能寺”の引き金となった光秀の妹
第4章 お鍋の方―信長の霊を弔う、もう一人の妻
第5章 お市の方―信長・光秀・秀吉に翻弄された生涯
第6章 細川ガラシャ―光秀の娘が背負った、父の十字架
第7章 春日局―光秀の姪孫が江戸城大奥に君臨するまで
(他の紹介)著者紹介 楠戸 義昭
 歴史作家。1940年、和歌山県生まれ。立教大学社会学部を卒業後、毎日新聞社に入社。学芸部編集委員を経て執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。