検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報

書名

ラバウル戦線異状なし 現地司令長官の回想  中公文庫  

著者名 草鹿 任一/著
出版者 中央公論新社
出版年月 2021.10


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 中央図書館0180864472916/ク/1階文庫76一般図書一般貸出在庫  

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2021
916 916
太平洋戦争(1941〜1945)

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001624538
書誌種別 図書
書名 ラバウル戦線異状なし 現地司令長官の回想  中公文庫  
書名ヨミ ラバウル センセン イジョウ ナシ 
著者名 草鹿 任一/著
著者名ヨミ クサカ ジンイチ
出版者 中央公論新社
出版年月 2021.10
ページ数 287p
大きさ 16cm
分類記号 916
分類記号 916
ISBN 4-12-207126-1
内容紹介 ガダルカナル撤退後、最前線基地の防備と航空戦の継続という使命を負った草鹿。激戦下の南太平洋において、巧みな人材登用によって落日無援の孤城を守り抜き、最後まで航空戦を指揮した名将の回顧録。
件名 太平洋戦争(1941〜1945)
言語区分 日本語
書評掲載紙 中日新聞・東京新聞 中日新聞・東京新聞

(他の紹介)内容紹介 ガダルカナル撤退後、最前線基地の防備と航空戦の継続という使命を負った草鹿は、補給が途絶えても破損機を修理して航空戦を展開、食料と生活必需品、さらに火薬や魚雷までも自給自足で生産する。また敬愛する山本五十六長官の戦死、陸軍の今村均大将との連携が描かれる。巧みな人材登用によって終戦までを戦い抜いた回顧録。
(他の紹介)目次 まえがき(戦況のあらまし)
明朗豁達一意邁進
陸海軍の協同戦線
火山研究所と科学者の良心
嗚呼山本元帥
南東方面艦隊の歌
武功抜群
漂流記
気象観測
民政部の人々
洞窟生活(陣地構築)
施設作業の苦労
いかもの食い
現地自活
兵器類の製造
教育訓練の問題
医務衛生のはなし
珍客待てども来らず
輸送潜水艦の労苦
鼠輸送、蟻輸送
ラバウル海軍航空隊
終戦の憾み
(他の紹介)著者紹介 草鹿 任一
 1888(明治21)年、石川県生まれ。1909(42)年海軍兵学校卒業。『扶桑』艦長、砲術学校長、第一航空戦隊司令官などを歴任。40(昭和15)年中将。翌年海軍兵学校校長。42(17)年10月、第十一航空艦隊司令長官としてラバウルに赴任、同年12月、南東方面司令長官を兼務する。43(18)年、ラバウルが連合軍に包囲され、終戦まで在任、現地に留まり、武器・食料・必需品を自給自足した。戦後は戦没者の援助、遺骨収集などにつくす。72(47)年没。享年84(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。