検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 6

書誌情報

書名

キューバ・ミサイル危機 広島・長崎から核戦争の瀬戸際へ1945-62 下   

著者名 マーティン・J.シャーウィン/著   三浦 元博/訳
出版者 白水社
出版年月 2022.10


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 中央図書館0180997322319.5/シ/2新着図書37B一般図書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2022
319.53038 319.53038
アメリカ合衆国-対外関係-ロシア-歴史 キューバ危機(1962)

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001711199
書誌種別 図書
書名 キューバ・ミサイル危機 広島・長崎から核戦争の瀬戸際へ1945-62 下   
書名ヨミ キューバ ミサイル キキ 
著者名 マーティン・J.シャーウィン/著
著者名ヨミ マーティン J シャーウィン
著者名 三浦 元博/訳
著者名ヨミ ミウラ モトヒロ
出版者 白水社
出版年月 2022.10
ページ数 327,77p
大きさ 20cm
分類記号 319.53038
分類記号 319.53038
ISBN 4-560-09449-5
内容紹介 「最終戦争」を免れたのは、実はほんの偶然にすぎなかった。なぜ軍事的選択が海上封鎖に踏みとどまり、外交的解決につながったのか? 核管理・軍縮論の第一人者が、キューバ・ミサイル危機を徹底検証する。
著者紹介 アメリカの歴史学者。「破滅への道程」でスチュアート・L・ベルナス賞とアメリカ歴史書賞を受賞。2021年他界。
件名 アメリカ合衆国-対外関係-ロシア-歴史、キューバ危機(1962)
言語区分 日本語
書評掲載紙 読売新聞 毎日新聞

(他の紹介)内容紹介 「最終戦争」を免れたのは、実はほんの偶然にすぎなかった。空爆か、侵攻か…なぜ軍事的選択が海上封鎖に踏みとどまり、外交的解決につながったのか?核管理・軍縮論の第一人者が徹底検証する決定版!
(他の紹介)目次 第5部 一〇月一六日(火曜日)―第一日:ケネディ、スティーヴンソン、エクスコム 第一週:ベルリンと封鎖(「兄貴に君のことを話すからな」―マングースと統合参謀本部 一〇月一六日(火曜日)、ワシントン
「つねに交渉と分別をもって」―一〇月一六日(火曜日)、ワシントン、午後 ほか)
第6部 一〇月一七日(水曜日)〜一〇月二二日(月曜日)―ケネディ、再考し封鎖を促す(「考えられる行動方針と答えの出ていない諸問題」―一〇月一七日(水曜日)
「どんな行動が核の応酬になる可能性を低減するか?」―一〇月一八日(木曜日) ほか)
第7部 一〇月二二日(月曜日)〜二六日(金曜日)―ハルマゲドンを賭けて ケネディ、フルシチョヌ、カストロ(「今後二四時間以内に戦争になるかもしれないのです」―一〇月二二日(月曜日)、夕
「ケネディは木製ナイフをもって眠るんだ」―一〇月二二日(月曜日)、夜、モスクワ ほか)
第8部 一〇月二七日(土曜日)〜二八日(日曜日)―ジュピター・ミサイル危機(「その結び目をほどく措置を取ろうではありませんか」―一〇月二六日(金曜日)、夕
「トルコの基地を一掃すれば、われわれの勝ちだ」―一〇月二七日(土曜日)、モスクワ ほか)
第9部 虚偽と歴史の遺産(「彼らの大方はアドレーのことが好きではなかった」
「そうとはかぎらないぜ」―歴史の選択肢についての省察)
(他の紹介)著者紹介 シャーウィン,マーティン・J.
 アメリカの歴史学者。主要著作として、スチュアート・L・ベルナス賞とアメリカ歴史書賞を受賞した邦訳書『破滅への道程:原爆と第二次世界大戦』、カイ・バードとの共著で2006年にピュリツァー賞を受賞した『オッペンハイマー:「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇 上・下』がある。2021年に他界し、本書は遺作になった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
三浦 元博
 1950年、滋賀県生まれ。大妻女子大学名誉教授。東京外国語大学卒。元共同通信社記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。