検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報

書名

中世哲学の射程 ラテン教父からフィチーノまで  平凡社ライブラリー  

著者名 K.リーゼンフーバー/著   村井 則夫/編訳
出版者 平凡社
出版年月 2024.3


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 中央図書館0181163627132/リ/新着図書90一般図書一般貸出在庫  

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2024
132 132
哲学-歴史-中世

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001838730
書誌種別 図書
書名 中世哲学の射程 ラテン教父からフィチーノまで  平凡社ライブラリー  
書名ヨミ チュウセイ テツガク ノ シャテイ 
著者名 K.リーゼンフーバー/著
著者名ヨミ K リーゼンフーバー
著者名 村井 則夫/編訳
著者名ヨミ ムライ ノリオ
出版者 平凡社
出版年月 2024.3
ページ数 701p
大きさ 16cm
分類記号 132
分類記号 132
ISBN 4-582-76962-3
内容紹介 ギリシア哲学の遺産を継ぎ、キリスト教の息吹を承けて形成された<中世哲学>。千年に及ぶその豊かな流れをおびただしい思考の輻輳の中に照らし出す。リーゼンフーバーの中世哲学解釈を特徴づける代表的な論考を集成。
著者紹介 ドイツ、フランクフルト生まれ。神学博士。上智大学名誉教授。著書に「近代哲学の根本問題」など。
件名 哲学-歴史-中世
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 ギリシア哲学の遺産を継ぎ、キリスト教の息吹を承けて形成された“中世哲学”。一千年に及ぶその豊かな流れを、アウグスティヌス、ディオニュシオス・アレオパギテス、六世紀のボエティウス、十一‐十三世紀スコラ学のアンセルムス、サン=ヴィクトルのフーゴー、トマス・アクィナス、十五世紀のクザーヌス、フィチーノらを中心とする、おびただしい思考の輻輳の中に照らし出す。―理性の自己解明に深化する超越論哲学と、その理性を自己突破に導く否定神学の伝統を両輪とするリーゼンフーバー哲学の基柱、待望のセレクション!
(他の紹介)目次 第1部 中世思想の構造(ラテン教父の思考様式と系譜
ラテン中世における教父神学の遺産
被造物としての自然―教父時代および中世における創造論
中世における自己認識の展開―近代思想の歴史的源泉をめぐって)
第2部 中世の思想家たち(ボエティウスの伝統―プラトン主義とアリストテレス論理学の中世への継承
信仰と理性―カンタベリーのアンセルムスにおける神認識の構造
サン=ヴィクトルのフーゴーにおける学問体系
人格の理性的自己形成―トマス・アクィナスの倫理学の存在論的・人間論的構造
知性論と神秘思想―十三・十四世紀スコラ学の問題設定 ほか)
(他の紹介)著者紹介 リーゼンフーバー,クラウス
 1938‐2022。1938年、ドイツ、フランクフルトに生まれる。1958年にイエズス会に入会、1962年ベルヒマンス哲学院を修了後、ミュンヘン大学に学び、1967年にトマス・アクィナス研究で学位を取得(1971年公刊)。同年来日し、1969年に上智大学文学部専任講師に着任。1971年に司祭叙階。1974年に上智大学文学部助教授、同年より上智大学中世思想研究所所長を務める(‐2004年)。1981年上智大学文学部教授(‐2009年)。神学博士(上智大学 1898年)。数々の大学でも哲学の教鞭を執る。2022年歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
村井 則夫
 1962年生。上智大学大学院哲学研究科博士後期課程満期修了。博士(哲学)。明星大学人文学部教授(2013‐17年)、中央大学文学部教授(2017‐22年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。