検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 1

書誌情報

書名

政治哲学者は何を考えているのか? メソドロジーをめぐる対話    

著者名 宇野 重規/編著   加藤 晋/編著   井上 彰/[ほか著]
出版者 勁草書房
出版年月 2024.2


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 中央図書館0181164872311.1/ウ/新着図書38A一般図書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

宇野 重規 加藤 晋 井上 彰
2024
311.1 311.1
政治哲学

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001834799
書誌種別 図書
書名 政治哲学者は何を考えているのか? メソドロジーをめぐる対話    
書名ヨミ セイジ テツガクシャ ワ ナニ オ カンガエテ イル ノカ 
著者名 宇野 重規/編著
著者名ヨミ ウノ シゲキ
著者名 加藤 晋/編著
著者名ヨミ カトウ ススム
著者名 井上 彰/[ほか著]
著者名ヨミ イノウエ アキラ
出版者 勁草書房
出版年月 2024.2
ページ数 7,244,4p
大きさ 20cm
分類記号 311.1
分類記号 311.1
ISBN 4-326-35192-3
内容紹介 リベラリズムや熟議民主主義など、現代政治哲学の重要論点を、第一線の政治哲学や政治思想史、経済学の研究者が徹底討論。多彩な対話が織り成す知的冒険の記録。2021年〜2022年開催のワークショップをもとに書籍化。
著者紹介 東京大学社会科学研究所教授。著書に「実験の民主主義」など。
件名 政治哲学
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 リベラリズム、リバタリアニズム、熟議民主主義…。現代政治哲学ではいったい何が起こっているのだろうか。本書は、第一線の政治哲学や政治思想史、経済学の研究者による、多彩な対話が織り成す知的冒険の記録である。研究最前線の紹介と、それを踏まえたディスカッションを提供。
(他の紹介)目次 第1回 ロールズ思想とは何だったのか―政治思想史と政治哲学の現在
第2回 リバタリアニズムの可能性
第3回 道徳理論としての利己主義
第4回 リベラリズムの歴史を考える
第5回 政治思想における過去の受容と継承
第6回 熟議民主主義を再び考える
(他の紹介)著者紹介 宇野 重規
 東京大学社会科学研究所教授。専門は政治思想史・政治哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
加藤 晋
 東京大学社会科学研究所准教授。専門は社会的選択理論および組織の経済学。政治哲学や規範倫理学にも取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。