検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 6 在庫数 2 予約数 0

書誌情報

書名

異界のミステリー   絶対名作!十代のためのベスト・ショート・ミステリー  

著者名 山白 朝子/著   近藤 史恵/著   皆川 博子/著   竹本 健治/著
出版者 汐文社
出版年月 2022.1


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 中央図書館0180913394S913.6/ゼツ/ヤング26A児童書一般貸出貸出中  ×
2 新琴似2013215997913.6/ゼツ/ヤング一般図書一般貸出貸出中  ×
3 元町3013005594J913/ゼ/図書室一般図書一般貸出貸出中  ×
4 清田5513775980913.6/ゼツ/ヤング1一般図書一般貸出在庫  
5 白石区民4113264339J913/ゼ/新着図書児童書一般貸出貸出中  ×
6 厚別西8213167979J913/ゼ/図書室児童書一般貸出在庫  

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

山白 朝子 近藤 史恵 皆川 博子 竹本 健治
2022
913.68 913.68
小説(日本)-小説集

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001647972
書誌種別 図書
書名 異界のミステリー   絶対名作!十代のためのベスト・ショート・ミステリー  
書名ヨミ イカイ ノ ミステリー 
著者名 山白 朝子/著
著者名ヨミ ヤマシロ アサコ
著者名 近藤 史恵/著
著者名ヨミ コンドウ フミエ
著者名 皆川 博子/著
著者名ヨミ ミナガワ ヒロコ
出版者 汐文社
出版年月 2022.1
ページ数 182p
大きさ 20cm
分類記号 913.68
分類記号 913.68
ISBN 4-8113-2912-3
内容紹介 日常の世界にひっそりと寄り添う存在に気づいたとき、あなたの現実が揺らぎだす-。異界をテーマにしたミステリー・アンソロジー。山白朝子「世界で一番、みじかい小説」など、厳選したショートストーリー全4編を収録。
著者紹介 著書に「死者のための音楽」「エムブリヲ奇譚」「私のサイクロプス」など。
件名 小説(日本)-小説集
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 日常の世界にひっそりと寄り添う「異界」…。その存在に気づいたとき、あなたの現実が揺らぎ出す―。大人気作家の作品から、ミステリー小説のエッセンスを楽しめるショートストーリーを厳選しました。
(他の紹介)著者紹介 山白 朝子
 2005年、怪談専門誌『幽』でデビュー。同誌に多数の短篇を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
近藤 史恵
 1969年、大阪府生まれ。1993年『凍える島』で鮎川哲也賞を受賞しデビュー。2008年『サクリファイス』で大藪春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
皆川 博子
 1930年、京城(現ソウル)生まれ。1973年短篇「アルカディアの夏」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。1985年『壁・旅芝居殺人事件』で日本推理作家協会賞、1986年『恋紅』で直木賞、1990年短篇集『薔薇忌』で柴田錬三郎賞、1998年『死の泉』で吉川英治文学賞を受賞している。2012年には『開かせていただき光栄です』で本格ミステリ大賞を受賞し、同年その功績により日本ミステリー文学大賞を受賞。2015年には文化功労者に選出された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
竹本 健治
 1954年、兵庫県生まれ。大学在学中の1977年、『匣の中の失楽』を探偵小説専門誌「幻影城」に連載しデビュー。2017年『涙香迷宮』が「このミステリーがすごい!」国内編第1位となり、本格ミステリ大賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
千街 晶之
 1970年、北海道生まれ。ミステリー評論家。1995年、「終わらない伝言ゲーム」で創元推理評論賞を受賞。2004年、『水面の星座 水底の宝石』で本格ミステリ大賞(評論・研究部門)、日本推理作家協会賞(評論その他の部門)をダブル受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。