検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 1 予約数 15

書誌情報

書名

発達障害のある人の「ものの見方・考え方」 「コミュニケーション」「感情の理解」「勉強」「仕事」に役立つヒント    

著者名 高岡 佑壮/著   下山 晴彦/監修   黒田 美保/監修   安川 ユキ子/イラスト
出版者 ミネルヴァ書房
出版年月 2021.11


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 中央図書館0180868580493.7/タ/新着図書52A一般図書一般貸出貸出中  ×
2 図書情報館1310530215493.76/タ/書庫1LIFE-263一般図書貸出禁止在庫   ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

高岡 佑壮 下山 晴彦 黒田 美保 安川 ユキ子
2021
493.76 493.76
発達障害

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001632146
書誌種別 図書
書名 発達障害のある人の「ものの見方・考え方」 「コミュニケーション」「感情の理解」「勉強」「仕事」に役立つヒント    
書名ヨミ ハッタツ ショウガイ ノ アル ヒト ノ モノ ノ ミカタ カンガエカタ 
著者名 高岡 佑壮/著
著者名ヨミ タカオカ ユウショウ
著者名 下山 晴彦/監修
著者名ヨミ シモヤマ ハルヒコ
著者名 黒田 美保/監修
著者名ヨミ クロダ ミホ
出版者 ミネルヴァ書房
出版年月 2021.11
ページ数 18,213p
大きさ 19cm
分類記号 493.76
分類記号 493.76
ISBN 4-623-09289-5
内容紹介 発達障害のある人が感じる生きづらさの背景には、「情報処理の仕方の独特さ」という要因がある。そこに注目することで「その人ならではの特徴」を理解し、一人ひとりの日常生活の中でのつまずきに対処するためのヒントを示す。
著者紹介 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース博士課程修了。東京認知行動療法センター/東京発達・家族相談センター勤務。博士(教育学)。臨床心理士、公認心理師。
件名 発達障害
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 私たちは身の回りにある様々なものごとを、頭の中でどのように処理しているのだろうか?発達障害のある人が感じる生きづらさの背景には、「情報処理の仕方の独特さ」という具体的な要因がある。本書では、そのような独特な「くせ」に注目することで「その人ならではの特徴」を理解し、一人ひとりの日常生活の中でのつまずきに対処するためのヒントを示す。
(他の紹介)目次 第1章 「コミュニケーション」の背景にある「ものの見方・考え方」(コミュニケーションは難しい
「言葉にしなくてもわかってくれる」とは限らない
悩みを言葉にしづらい理由
考えが「浮かびすぎる」という困難)
第2章 「感情の理解」の背景にある「ものの見方・考え方」(自分の感情に気づく
感情に振り回されないために
体調に気づく
助けを求めにくい理由)
第3章 「勉強の仕方」の背景にある「ものの見方・考え方」(「得意なこと」は一人ひとり違う
簡単なことから一歩ずつ
学習意欲が高まるほめ方
「自由に遊ぶ」のは難しい)
第4章 「仕事の仕方」の背景にある「ものの見方・考え方」(なぜ仕事は大変なのか
「ミスの原因」を考える
「状況の変化」に備える
頑張りすぎを防ぐために)
(他の紹介)著者紹介 下山 晴彦
 1983年東京大学大学院教育学研究科博士課程中退。東京大学学生相談所助手、東京工業大学保健管理センター専任講師などを経て、東京大学大学院臨床心理学コース教授。博士(教育学)、臨床心理士、公認心理師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
黒田 美保
 東京大学大学院医学系研究科脳神経学専攻博士課程修了。国立精神神経医療研究センター、福島大学、名古屋学芸大学等での勤務を経て、帝京大学文学部心理学科教授。博士(医学)博士(学術)、公認心理師、臨床発達心理士、臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。