検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 0 予約数 6

書誌情報

書名

社会思想としてのクラシック音楽   新潮選書  

著者名 猪木 武徳/著
出版者 新潮社
出版年月 2021.5


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 中央図書館0180843286762.3/イ/1階図書室57B一般図書一般貸出貸出中  ×
2 厚別8013154060762/イ/新着図書8一般図書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

猪木 武徳
2021
762.3 762.3
音楽-歴史 音楽社会学

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001587712
書誌種別 図書
書名 社会思想としてのクラシック音楽   新潮選書  
書名ヨミ シャカイ シソウ ト シテ ノ クラシック オンガク 
著者名 猪木 武徳/著
著者名ヨミ イノキ タケノリ
出版者 新潮社
出版年月 2021.5
ページ数 291,10p
大きさ 20cm
分類記号 762.3
分類記号 762.3
ISBN 4-10-603867-9
内容紹介 バッハが「薄給の公務員」に甘んじたのはなぜか? モーツァルトはなぜ「革新的な名曲」を連発できたか? 音楽と政治経済の深い結びつきを、社会科学の視点で描く。『考える人』連載に加筆修正。
著者紹介 1945年滋賀県生まれ。マサチューセッツ工科大学大学院修了。経済学者。大阪大学名誉教授。元日本経済学会会長。著書に「自由の思想史」「デモクラシーの宿命」など。
件名 音楽-歴史、音楽社会学
言語区分 日本語
書評掲載紙 産経新聞 毎日新聞 中日新聞・東京新聞 読売新聞

(他の紹介)内容紹介 「生も死も同じである」とは?日本独特の死生観をさぐる。近代の歩みは音楽家たちが雄弁に語っている。バッハは誰に向けて曲を書き、どこから収入を得たのか。ハイドンの曲が徐々にオペラ化し、モーツァルトが貧困の中で革新的な名曲を連発したのはなぜか。大衆を酔わせるワーグナーの毒とは何か。ショスタコーヴィチは独裁下でいかにして名曲を生み出したのか。音楽と政治経済の深い結びつきを、社会科学の視点で描く。
(他の紹介)目次 第1章 芸術の「送り手」は誰を意識したか
第2章 自意識と流行
第3章 ナショナリズムの現れ方
第4章 体制と芸術における「規模」
第5章 技術進歩がもたらす平等化
第6章 パトロンと批評家の応援
第7章 政治体制と音楽家
第8章 言葉、音楽、デモクラシー


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。