検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 2

書誌情報

書名

下町はなぜ人を惹きつけるのか? 「懐かしさ」の正体  光文社新書  

著者名 三浦 展/著
出版者 光文社
出版年月 2020.11


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 元町3012977884213/ミ/新着図書2A一般図書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

三浦 展
2020
213.61 213.6106
東京都-歴史

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001534393
書誌種別 図書
書名 下町はなぜ人を惹きつけるのか? 「懐かしさ」の正体  光文社新書  
書名ヨミ シタマチ ワ ナゼ ヒト オ ヒキツケル ノカ 
著者名 三浦 展/著
著者名ヨミ ミウラ アツシ
出版者 光文社
出版年月 2020.11
ページ数 289p
大きさ 18cm
分類記号 213.61
分類記号 213.6106
ISBN 4-334-04505-0
内容紹介 高度成長期を経てノスタルジーの象徴として「発見」された下町。はたして、日本人は下町の姿に何を見出しているのか。人々の暮らしや住まい、娯楽を中心に、「ディスカバー・下町」された13の街の実像をひもとく。
著者紹介 1958年新潟県生まれ。一橋大学社会学部卒業。(株)パルコ、三菱総合研究所を経て、カルチャースタディーズ研究所設立。社会デザイン研究者。著書に「下流社会」など。
件名 東京都-歴史
言語区分 日本語

(他の紹介)目次 序章 東京の下町には4つの段階がある
1 第一下町―日本橋・神田・京橋(中央区―貧民を追い出して進められた近代化
佃島・月島―「下町らしさ」は大阪から来た?
神田―スラムクリアランスによりモダン都市へ変貌
三崎町―東京の西進を象徴する「副都心」だった)
2 第二下町―浅草・下谷・芝(台東区―明治期に下町と呼ばれるように
佐竹―日本で2番目に古い商店街の波乱の歴史
芝―落語の世界とはまったく異なる西洋家具の時代)
3 第三下町―深川・墨田・荒川(深川―風光明媚な別荘地が工業地帯へ変貌
墨田区―工場・社宅・保育がつくった下町
荒川区―都心から押し出されてできた昭和の下町
汐入―震災後にできた長屋も再開発でタワマンに)
4 第四下町―北・足立・江戸川・葛飾(北区―荒川沿いに栄えた工場と赤羽・王子の発展
足立区―宿場町から工場街型下町に変貌した北千住
江戸川区―農村から下町的郊外住宅地として発展
葛飾区―寅さんが現在の下町イメージを規定した)


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。