検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 10

書誌情報

書名

日本人はなぜ自虐的になったのか 占領とWGIP  新潮新書  

著者名 有馬 哲夫/著
出版者 新潮社
出版年月 2020.7


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

  

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインメモ


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館 資料番号 請求記号 配架場所 所蔵棚番号 資料種別 帯出区分 状態 付録 貸出
1 中央図書館0180655235210.7/ア/新着図書73一般図書一般貸出貸出中  ×

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

有馬 哲夫
2020
210.762 210.762
日本-歴史-昭和時代(1945年以後) 占領政策-日本

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1008001498138
書誌種別 図書
書名 日本人はなぜ自虐的になったのか 占領とWGIP  新潮新書  
書名ヨミ ニホンジン ワ ナゼ ジギャクテキ ニ ナッタ ノカ 
著者名 有馬 哲夫/著
著者名ヨミ アリマ テツオ
出版者 新潮社
出版年月 2020.7
ページ数 286p
大きさ 18cm
分類記号 210.762
分類記号 210.762
ISBN 4-10-610867-9
内容紹介 占領後、アメリカは日本人に罪悪感を植え付け、アメリカによる戦争犯罪への反発をなくそうとしていた-。第1次資料をもとに占領軍の心理戦とWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の全貌を明かす。
著者紹介 1953年生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得。早稲田大学社会科学総合学術院教授(公文書研究)。著書に「原発・正力・CIA」「歴史問題の正解」など。
件名 日本-歴史-昭和時代(1945年以後)、占領政策-日本
言語区分 日本語

(他の紹介)内容紹介 戦争は八月十五日で終わったわけではない。占領後もアメリカは日本に対する心理戦を継続していた。目的は日本人に罪悪感を植え付け、原爆投下等、アメリカによる戦争犯罪への反発をなくすこと。彼らはメディアを支配し、法や制度を思うままに変え、時に天皇までも利用して目的を達成していったのだ。数多くの第一次資料をもとに心理戦とWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の全貌を明かす。
(他の紹介)目次 第1部 今ここにあるWGIPマインドセット(日本のマスメディアと教育は歴史的事実を教えない
なぜいまWGIPなのか
WGIPマインドセットの理論的、歴史的証明)
第2部 占領軍の政治戦・心理戦はどのように行われたのか(ボナー・フェラーズの天皇免責工作と認罪心理戦
ケネス・ダイクと神道指令
ドナルド・ニュージェントと国体思想の破壊
心理戦は終わらない)
第3部 WGIPの後遺症(原爆報道に見る自虐性
慰安婦問題に見るWGIPの効き目)
WGIPマインドセットの副産物「平和ボケ」


内容細目表

前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。